シャンプーの種類が多いわけ

最近では、様々なシャンプーの種類が出てきています。
われわれが子供の頃と言うのは、一つの会社でせいぜい2つくらいのものでしたが、最近では一つのブランドでも何種類も出ていますから。

消費者としては悩みどころです。なぜこんなにシャンプーの種類が出ているのでしょうか。
今回はそれについて考えて見たいと思います。

まずは男性用シャンプーの拡大です。これまで男性用のシャンプーと言えばどんなものがあったか、考えて見ます。
まずは、フケが多い人用のシャンプーと言うのがありました(現在でもあります)。
あとは、トニックが入ったスースーするシャンプーです。これは夏に多く目にするシャンプーです。
これまで男性専用シャンプーと言えるのは、こんなものです。
最近ではこれに、発毛関係の要素が入ってきました。

そのシャンプーを使ったあとに、同じブランドの薬用育毛トニックを使う、といった具合で、男性の「囲い込み」が行われているのです。
同じブランドのシャンプーブラシもあります。

そしてもう一つの理由は、ヘアサロンのシャンプーが多く出てきていると言うことです。
わたしが初めてそういったものを見たのは、ホームセンターでアルバイトをしていたときでした。
最初はどこのブランドかまったく分かりませんでしたが、そのうちに多くのヘアサロンから数多くのシャンプーが発売されてきました。
ヘアサロンのシャンプーだけあって、カラーリングの髪用ですとか、傷んだ髪用など、女性のハートをキャッチしそうな文字が並び、種類も増えていったのです。

[`tweetmeme` not found]
[`yahoo` not found]
[`grow` not found]