私の家のシャンプー事情について

私の家ではシャンプーを三種類使っている。なぜそんな面倒なことをするのかというと、そこには家族それぞれの事情があるのである。まず、私はなぜかフケ症な傾向があって、そのためにフケ症に効くという私専用のシャンプーを使っているのである。そのシャンプーにどの程度の効果があったものかは分からないが、今現在私はあまりフケ症には悩まされていない。とはいえ、いつぶり返すのか分からないので、今もそのシャンプーを使用している。

私の母と妹は某有名ブランドのシャンプーを使用している。母はともかく、妹にそんなしゃれっ気があったものか、兄としては不思議な感じがするのだが、それは私がいつまでも妹を子供扱いしているからなのであろう。妹も母親も髪が長いので、いつもお風呂に入るときは長時間になり、ドライヤーにもかなりの時間を使っている。女性にはなにかと苦労が多いものであるが、シャンプーはその中の一つだと言えるのではないだろうか。、いつもスポーツ刈りの私にその苦労は分からない。

そして最後に父なのであるが、父はごく普通のシャンプーを使っている。父の風呂はいわゆるカラスの業水であり、髪と体を洗ったらほとんど湯船にもつからずに出てくるようである。とはいえ、なかなか伊達者を気取っている父なのであり、たまに髪を洗うのを怠る私と違い、毎回髪を洗ってから出てきている用である。このように我が家のシャンプー事情は三者三様なのであり、普段は特に家族で何かが区別される、ということがない私たち家族にとって、唯一の大きな違いと言える。

[`tweetmeme` not found]
[`yahoo` not found]
[`grow` not found]